更新情報・お知らせ

第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会開催方法に関するお知らせ
(第2報)

 新型コロナウィルス感染症の感染状況を考慮し、下記の通り現地開催とオンデマンド配信(会期後にイン
ターネット配信された発表動画を視聴する方法)とを併用するハイブリッド形式での開催といたします。

<事前参加登録について>
学会ホームページからの事前参加登録期間を10月31日(土)までとしていましたが、11月21日(土)14時まで延長します(正会員:20,000円、準会員:15,000円、非会員:20,000円、初期臨床研修医:10,000円、大学生:無料)。リンパ浮腫セミナーのみの参加登録も11月21日(土)14時まで延長します(5,000円)。ただし、11月1日(日)から11月3日(火)まではシステム点検のため登録できません。会期中は、会場受付での当日参加登録はできませんのでご注意ください(学会ホームページからしか登録できません)。なお、事前参加登録を行えば、オンデマンド配信は無料で視聴することができます。

<現地開催の方法について>
*特別講演、共催セミナー
・現地参加できる演者
  抄録に掲載された予定通りの時刻に現地で発表していただきます。
・現地参加できない演者
  事前に音声入りデータを事務局に送っていただきます。予定通りの会場と時刻に現地で放映します。
  質疑応答や総合討論には、Webで会場と繋げてライブで参加していただきます。

*一般演題、シンポジウム、パネルディスカッション、ビデオセッション
・現地参加できる演者
  抄録に掲載された予定通りの時刻に現地で発表していただきます。
・現地参加できない演者
  事前に音声入りデータを事務局に送っていただきます。予定通りの会場と時刻に現地で放映します。
  事前参加登録は必須であり、発表実績として認められます。
  一般演題では演題発表に対する質疑応答はありません。シンポジウム、パネルディスカッション、
  ビデオセッションでは、質疑応答や総合討論にはWebで会場と繋げてライブで参加していただきます。
  音声入りデータの送付方法については、近日中に事務局より各演者にご連絡いたします。

*スーパーマイクロサージャリー血管吻合コンテスト
予定通りに現地で開催します。

<オンデマンド配信について>
新型コロナウィルス感染症に関する諸事情で現地に参加できない場合、事前参加登録を行い学会終了後に配信するオンデマンド視聴を行えば学術集会への参加とみなされます。現地参加した場合と同じく、日整会で2単位、日形会で2単位、日手会で4単位の学会参加単位が取得できます。現地参加できずにオンデマンド視聴のみを行った会員には、参加証(ネームプレート)を郵送いたします。自己研鑽のためにも多くの演題の視聴をお願いいたします。なお、オンデマンド配信では、日整会と日手会の教育研修講演単位、日形会の領域講習単位は申請できませんのでご注意ください(単位取得を希望する際は、現地参加して聴講する必要があります)。

*配信内容
特別講演、シンポジウム、パネルディスカッション、ビデオセッション、一部の共催セミナー、血管吻合コンテストの優勝チームの動画を現地で録画して配信します。

*配信期間
12月10日(木)~12月24日(木)17:00 (予定)

 まだまだ、先の見えない状況ではございますが、今後も万全の準備を進めてまいります。会員の皆様方のご理解とご協力を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。11月に北九州でお会いできることを楽しみにしています。
2020年10月16日
日本マイクロサージャリー学会理事長 柿木良介
副理事長 田中克己
第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会会長 服部泰典

第47回日本マイクロサージャリー学術集会開催方法に関するお知らせ

 2020年11月20日(金)・21日(土)に開催を予定しております本学術集会の準備にあたり、会員の皆様には多大なるご協力をいただき心より感謝申し上げます。7月14日(火)に一般演題の応募を締め切りましたが、約220題の応募をいただきました。例年よりは少なくなっていますが、今年の特殊な状況の中では十分な数の演題が集まり充実したプログラムが作成できました。
 新型コロナウィルスの感染拡大により、本年に開催される多くの学会が開催方法の変更を余儀なくされています。このため、8月31日(月)に日本マイクロサージャリー学会臨時理事会を開催し、本学術集会の開催方法について検討いたしました。現在の感染拡大状況、本学術集会の特徴と規模、同時期に行われる他学会の開催方法などを踏まえて、本学術集会は予定通りに北九州国際会議場で開催することに決定しました。ただし、勤務先からの出張自粛要請などにより現地参加できない会員のために、オンデマンド配信なども行うハイブリッド形式での開催といたします。現段階での具体的な開催方法は以下の通りですが、感染拡大の状況により変更する可能性があることをご了承ください。変更がある際には順次ご案内させていただきます。

-第47回日本マイクロサージャリー学術集会開催方法-
<現地開催>
*一般演題
・現地参加できる演者:抄録に掲載された予定通りの時刻に現地で発表していただきます。
・現地参加できない演者:事前に音声入りデータを事務局に送っていただきます。予定通りの会場と時刻に現地で放映します。演題発表に対する質疑応答はありません。
(学会参加登録は必要であり、発表実績として認めます)

*特別講演、基調講演、シンポジウム、パネルディスカッション、ビデオセッション、共催セミナー
・現地参加できる演者:抄録に掲載された予定通りの時刻に現地で発表していただきます。
・現地参加できない演者:事前に音声入りデータを事務局に送っていただきます。予定通りの会場と時刻に現地で放映します。質疑応答や総合討論には、Webで現地と繋げてライブで参加していただきます。

*スーパーマイクロサージャリー血管吻合コンテスト
現地参加できる参加者のみで、予定通りに開催します。

<オンデマンド配信>
特別講演、基調講演、シンポジウム、パネルディスカッション、ビデオセッションの演題はオンデマンドで配信します。配信期間は12月中旬から約1ヶ月を予定しています。

なお、学会参加登録については、当日参加登録の混雑による3密を避けるため学会ホームページからの事前参加登録をお願いいたします。また、学会参加登録をされた会員は、無料でオンデマンド配信も聴講できます(オンデマンド配信のみの参加登録はありませんのでご注意ください)。先の見えない状況下での判断ではございますが、今後も万全の準備を進めてまいります。会員の皆様方のご理解とご協力を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウィルス対策の上に残暑も続いていますので、皆様方もどうかご自愛のほどお願いいたします。11月に北九州でお会いできることを楽しみにしています。
2020年9月1日
日本マイクロサージャリー学会理事長 柿木良介
第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会会長 服部泰典

APFSRM2020の開催方法の変更に関してのご連絡

2020年11月18日(水)~ 21日(土)に開催予定の第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会(5thAPFSRM)と第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会の合同学術集会(APFSRM2020)に向けて、準備を行ってまいりました。しかし、現在の国内外の新型コロナウィルスの拡大状況のため、5thAPFSRMの開催を1年延期して、2021年12月1日(水)~ 4日(土)に5thAPFSRMと第48回日本マイクロサージャリー学会学術集会との合同学術集会として、つくば国際会議場で開催することに決定しました。第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会は、予定通りに2020年11月20日(金)~21日(土)に北九州国際会議場で開催します。

すでにAFPSRM2020の事前参加登録(35,000円)をされている先生には今回のお申込について返金対応とさせていただきます。返金方法につきましては、参加登録事務局(JTB 九州MICEセンター「APFSRM2020(日本語)」係)より改めてご案内をさせていただきます。また、引き続き第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会へのご参加をご希望されます場合には、改めて参加登録をお願いいたします(事前参加登録: 20,000円、当日参加登録: 25,000円)。なお、すでに第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会にのみ事前登録をいただいております先生におかれましては、改めて参加登録をしていただく必要はございません。

2020/09/10
新評議員推薦について
2020/07/13
第11回WSRMが延期となりました。
2020/07/08
学術集会を更新しました。
2020/05/28
第6回International Traveling Fellow募集は中止となりました。
2020/05/12
理事長挨拶を更新しました。
2020/04/07
2020年4月7日よりAPFSRM2020の血管吻合コンテストの応募を開始しました
2020/04/01
第6回International Traveling Fellow募集のご案内を掲載しました
2020/03/04
2020年3月3日よりAPFSRM2020の参加登録および一般演題登録を開始
いたしました
2020/02/28
各種委員会および委員長を更新しました。
2020/02/18
2020/4/13~4/16台湾のChang Gung Memorial Hospitalにおいて
2nd Instructional Course for Facial Paralysis Reconstruction
が延期されました。
2020/01/27
会員マイページが開設されました。ログイン後登録の情報をご確認し、メールアドレスの登録をお願いします
2019/01/10
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会のホームページにプログラムページが更新されました
2019/12/11
学術集会を更新しました。
2019/12/06
歴代理事長ならびに会長理事、評議員を更新しました。
2019/11/22
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会のホームページに講演予定内定者のリストがアップされました。
2019/10/15
第48回学術集会を更新しました。
2019/09/13
The 15th Congress of the European Federation of Societies for Microsurgeryのご案内
2019/09/11
新評議員推薦について
2019/09/06
歴代理事長ならびに会長
2019/08/14
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会のFacebookが開設されました。
2019/07/24
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会の「Video Message For APFSRM2020」 が You tubeにアップされました。
2019/07/01
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会のホームページが開設されました。
2019/01/18
学術集会を更新しました。
2018/12/20
ホームページ掲載画像(イラスト・写真) 結果発表
2018/12/13
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会(5th APFSRM) 学会テーマが決定いたしました。
2018/08/01
評議員推薦について」のご案内
2018/06/25
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会のExecutive Boardのメンバーを掲載しました。
2018/06/15
第5回アジアマイクロサージャリー学会のポスターが”地球の撮り方”に紹介されました。
2018/06/07
第45回日本マイクロサージャリー学会学術集会 演題募集のご案内
2018/05/15
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会 日程・参加費(予定)を掲載しました。
2018/05/11
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会(5th APFSRM)学会テーマ公募の案内を掲載しました。
2018/05/10
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会のHonorary president、Organizing committeeのメンバーを掲載しました。
2018/05/09
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会のポスター(FIRST ANNOUNCEMENT)が完成しました。
2018/04/02
第5回International Traveling Fellow募集のご案内
2018/03/23
日本マイクロ会誌31巻1号を掲載しました。
2018/02/19
第45回 日本マイクロサージャリー学会学術集会のお知らせを掲載しました。
2018/01/25
第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会のご挨拶を掲載しました。
2018/01/17
理事長挨拶を更新しました。
2018/01/16
ホームページ掲載画像(イラスト・写真)公募のご案内
2018/01/16
歴代理事長ならびに会長名誉会員、理事、他を更新しました。
2017/12/25
日本マイクロ会誌30巻4号を掲載しました。
2017/11/20
J-STAGE表示画面の切り替えについて
2017/09/25
日本マイクロ会誌30巻3号を掲載しました。
2017/08/18
関連学術集会を更新しました。
2017/08/03
会員のいる施設を更新しました。
2017/08/01
「評議員推薦について」のご案内
2017/07/13
会員のいる施設を更新しました。
2017/06/29
ホームページをリニューアル致しました。
2017/06/23
日本マイクロ会誌30巻2号を掲載しました。
2017/05/25
関連学術集会の情報を更新しました。
2017/03/24
日本マイクロ会誌30巻1号を掲載しました。
2017/01/31
歴代会長、評議員を更新しました。
2017/01/31
関連学会(国際学会)情報を更新しました。
2016/12/28
第44回 日本マイクロサージャリー学会学術集会のお知らせを掲載しました。
2016/09/24
日本マイクロ会誌29巻3号を掲載しました。
2016/07/12
第43回日本マイクロサージャリー学会学術集会の演題募集を延長いたしました。(7月19日(火)締切)
2016/06/24
日本マイクロ会誌29巻2号を掲載しました。
  • 一般の方へ
  • 第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会

トピックス

一般社団法人日本マイクロサージャリー学会について

マイクロ画像マイクロサージャリーは手術用ルーペや手術用顕微鏡を用いて微細な手術を行う技術であり、世界初の切断指再接着や遊離皮弁移植術は日本で行われました。本学会に先立つマイクロサージャリー研究会は整形外科医と形成外科医を中心に設立されました。

1974年に第1回研究会が開催され、1987年の第14回より日本マイクロサージャリー学会に改名され、2020年には第47回大会と第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会が合同開催、2023年には第50回記念大会が開催される予定です。

一般社団法人日本マイクロサージャリー学会

事務局

日本マイクロサージャリー学会事務局
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-4-12
新宿ラムダックスビル
株式会社春恒社 内
TEL:03-5291-6231(代)
e-mail:micro@shunkosha.com
FAX:03-5291-2176(学会事務局)
 ※入会、住所変更、退会等
FAX:03-5291-2177(編集事務局)
 ※論文投稿・査読関係

Copyright © Japanese Society for Reconstructive Microsurgery All Rights Reserved.